【国交省関係】交通政策審議会・交通体系分科会地域公共交通部会の中間とりまとめについて

 交通政策審議会・交通体系分科会地域公共交通部会は、2013年9月より「地域の関係者間の役割分担と合意の下で公共交通の充実を図る仕組みの構築」を中心とした今後の地域公共交通政策のあり方について審議し、「地域公共交通の充実に向けた新たな制度的枠組みに関する基本的な考え方」として中間とりまとめを行いました。
 中間とりまとめのポイントは下記のとおり

<中間とりまとめのポイント>

  •  民間事業者の事業運営に任せきりであった従来の枠組みから脱却し、地域の総合行政を担う地方公共団体が先頭に立って、地域の関係者が知恵を出し合い、「持続可能な公共交通ネットワーク」を構想し、その実現を図ることが重要である。
  • その際には、特に以下の点を考慮することが重要である。
  1. まちづくり、観光振興等の地域戦略との一体性の確保
  2. 地域全体を見渡した総合的な公共交通ネットワークの形成
  3. 地域特性に応じた多様な交通サービスの組み合わせ
  4. 広域性の確保
  5. 住民の協力を含む関係者の連携
  6. 具体的で可能な限り数値化した目標設定
  • 地方公共団体が先頭に立って、持続可能な公共交通ネットワークを実現するための実効性ある枠組みを整備するため、下記の事項を中心に、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律に基づく枠組みの見直しが必要である。
  1. 交通政策基本法を踏まえた地域公共交通の目指すべき方向性の明確化
  2. まちづくり等の地域戦略と一体となった総合的な地域公共交通ネットワークの形成
  3. 地域公共交通ネットワークの再編の実効性を確保する仕組みづくり

 詳しい内容は国土交通省「交通政策審議会交通体系分科会地域公共交通部会の中間とりまとめについて」をご確認ください。

 

⇒「ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会