【ハイタク関係】国交省第1回「タクシー・スマホアプリ配車の普及方策に関する検討会」を開催されました

 国土交通省では、スマートフォンの急速な普及に伴って、そのアプリ機能等をタクシー配車に活用する取組についての検討会が設置されました。
 検討会には交通労連からも手水・ハイタク部会事務局長が委員として参加しています。

 スマートフォンを活用したタクシー利用について、ビジネスモデルや法の適用の考え方などがこれまで十分に整理されておらず、本格的な普及を図っていく上では、利用者が安心して利用できるようにするための環境を整備することが必須となります。
 検討会では、利用者保護や公正競争の確保の観点も含めた諸課題について検討し、考え方を整理するとともに、タクシー・スマホアプリ配車の本格的な普及を取りまとめることを目的として、「タクシー・スマホアプリ配車の普及方策に関する検討会」で議論していくこととなります。

 

⇒「新着情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会