【国交省関係】平成25年度における災害に強い物流システムの構築に向けた取組概要について

 国土交通省では、東日本大震災を踏まえ、地域ブロック毎に協議会を開催し、民間物資拠点のリストアップ、官民の協力協定の締結促進等の災害に強い物流システムの構築に向けた取り組みを行っており、今年度の全国で実施した取り組みを交通労連ホームページ「平成25年度における災害に強い物流システムの構築に向けた取組概要について」に掲載しました。

 なお、広域物資拠点の開設等に関する関係者間の連携体制についてとりまとめた「広域物資拠点開設・運営ハンドブック(第一版)」も発表されています。

⇒「ニュース」へ戻る

 

 

 

 

秋の全国交通安全運動交通労連は協賛団体として、秋の全国交通安全運動を推進しています

修学旅行等で貸切バスを安心してご利用ください―日本バス協会
タクシーを安心してご利用いただくために
交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
7才の交通安全プロジェクト―こくみん共済coop
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
気づこう、無意識の思い込みや偏見―連合
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会