【春闘関係】「2014春季生活闘争の中間のまとめ」が確認されました

 2014年6月3日に開いた第2回中央委員会の第2号議案にて、「2014春季生活闘争の中間のまとめ」が確認されました。
 交通労連は、すべての加盟組合が年収の引き上げにつながる要求を経営側に提出するとの方針を確立し、各加盟組合は、年収の引き上げと、労働諸条件・職場環境の改善に積極果敢に取り組んできました。
 5月下旬の段階では、闘争参加組合の約半数以上が解決していますが、今なお、多くの組合が厳しい交渉を重ねています。
 このような状況において、「2014春季生活闘争の中間のまとめ」では3月~5月交渉組合の闘いの結果を中心に課題と成果をとりまとめるとともに、全闘争参加組合の7月第2週までの解決という目標に向け、未解決組合の支援に全力をあげることを確認しました。

 詳しい内容について「春季生活闘争の中間のまとめ」(2014春季生活闘争)よりダウンロードできますので、ご活用ください。

⇒「ホーム」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会