【国交省関係】「自動車関連情報の利活用に関する将来ビジョン検討会」中間とりまとめについて

 国土交通省では、昨年6月に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」を踏まえ、国が保有する検査登録情報(所有者情報等)をはじめとし、車両の位置・速度情報や事故・整備履歴情報等の「自動車関連情報の利活用による新サービスの創出・産業革新」、ITを活用した「自動車関連手続きの更なる利用環境の向上」の2つの視点から、膨大かつ多様な自動車関連情報の利活用に関する将来のあり方について、今年2月から「自動車関連情報の利活用に関する将来ビジョン検討会」を設置し、検討を進めており、今回その「中間とりまとめ」が公開されました。

 詳しくは国土交通省ホームページ「自動車関連情報の利活用に関する将来ビジョン検討会中間とりまとめについて」をご覧ください。

 

⇒「ホーム」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会