【国交省関係】自動車運送事業等における労働力確保対策について

 人流・物流を担っているトラック事業、バス事業及びタクシー事業、安全確保に貢献する自動車整備業について、日本経済及び地域の移動手段の確保を支える重要な社会基盤産業です。
 国土交通省は、今後、生産年齢人口がますます減少していく中、こうした産業を支える労働力の確保が重要な課題になると見込まれることから、自動車運送事業等における労働力不足は、我が国の成長戦略が進化していくに当たりボトルネックとなり得る大きな問題と認識し、自動車局内に「自動車運送事業等の人材の確保及び育成に向けたプロジェクトチーム」、「トラック産業の健全化・活性化に向けた有識者懇談会」、「バスの運転者の確保及び育成に向けた検討会」を立ち上げ、必要な対策について検討を行い、下記のとおり、とりまとめ・整理を公表しました。

 


⇒「関連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会