【国交省関係】「新しいタクシーのあり方検討会」の開催について

 国土交通省では、タクシー特別措置法の改正法が施行後1年を迎えることを受け、衆参両院の附帯決議の施行状況やその効果についてフォローアップを行い、運用の改善等について検討していくため、「新しいタクシーのあり方検討会」を開催することを決定しました。
 検討会では、中長期的な視点から今後のタクシーのあり方について取りまとめることを目的として、有識者やタクシー業界にかかわる労使が参加し、議論が行われます。

 交通労連からもハイタク部会から手水事務局長が委員として参加します。

<開催概要>
1.日時:2015年1月28日(水)10:00~12:00
2.場所:中央合同庁舎
3.課題:タクシー事業の現状、活性化の取組状況、改正タクシー特措法の施行状況の報告等

詳しくは国土交通省「第1回新しいタクシーのあり方検討会を開催します」を確認ください。

⇒「関連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会