過労死ゼロをめざす取り組みについて

 2014年6月に成立した「過労死等防止対策推進法」(施行:2014年11月1日)を受けて、労働組合としても連合を中心に過労死等の防止に主体的に取り組むこととしました。
 交通労連としても第52回年次大会において「過労死ゼロ宣言」を採択するとともに、各総支部および都府県支部、加盟組合に対して同宣言の採択を呼びかけ、これまで7地方総支部、6府県支部、111加盟組合から宣言採択の報告を受けました。

 連合より2014年12月26日時点での「過労死ゼロ宣言」の採択状況が好評されました。
詳しい内容については連合「“過労死ゼロ”をめざす取り組み」をご確認ください。

⇒「活動情報」へ戻る

過労死ゼロ宣言(第52回年次大会で採択)
過労死ゼロ宣言.pdf
PDFファイル 127.9 KB
交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会