次代の組合リーダーめざし 学ぶ!動く!叫ぶ!

第61回ユニオンリーダーセミナーを開く

 6月14日~17日(3泊4日)の日程で、第61回のユニオンリーダーセミナー(ULセミナー)を岡山県岡山市北区福渡の「冨士社会教育センター・西部本校」(友愛の丘)で開きました。

 ULセミナーには、全国から46人が参加し、時代の組合リーダーに必要な知識を学ぶため、講義と演習、グループ討議を中心とする多様なカリキュラムを受講しました。

 また、グループ討議や交流会を通じて、全国の仲間との親睦を深めました。

実践的なカリキュラムに取り組む

 研修生は、縄野書記長の「交通労連の現状と課題」(第1日目)、早稲田大学・田村名誉教授の「2015年の経済と組合の役割」(第1日目)、冨士社会教育センター・鈴木講師の「歴史に学ぶ民主的労働運動の基本的な考え方」(第2日目)、同・落合理事長の「時代認識とリーダーシップ」(第4日目)の4つの講義を受講しました。
 また、講義とは別に「職場の労働法と改正点のポイント」、「組合役員の役割とリーダーシップ分析」、「組織拡大のための説得力をいかに高めるか」(冨士社会教育センター・木村講師)、「組合員のための経営分析と経営チェック」(同・水越講師)、「心と身体の積極性を高めるトレーニング」(同・吉田トレーナー)など、冨士社会教育センターの各講師の指導を中心に、実践を中心としたグループ演習やロールプレイングに取り組みました。

課題解決に向け 意見ぶつける

 さらに、「業種別組織の課題の共有化とその対応」として、労連より3部会の部会事務局長を迎え、各部会に分かれ、それぞれの業種における現状と課題について整理し、議論を行いました。

 各議論の内容を受けて、各部会事務局長が政策要求の内容などを交えながら、課題の解決に向けて、現在行われている検討会や法改正の方向性などについて説明し、意見交換を行いました。

全員が修了 希望を語れるリーダーめざす!

 閉講式では、研修生代表として桑田一正氏(岡山県貨物運送労組)が修了証書を授与。

 大畑清孝氏(西肥自動車労組)から「組合活動を通じて、人間としての誠実さを心に刻み、組合の仲間と明日への希望を語れるリーダーになる」と誓いの言葉を読み上げ、3泊4日の全日程を終了しました。
 また、この研修会の期間中、カンパ金を集め、その一部を施設の運営に役立ててもらうよう西端宣幸氏(近鉄タクシー労組)から冨士社会教育センター・落合理事長へ贈呈しました。

 セミナーの様子は「活動ギャラリー」(組合員限定ページ)から閲覧できます。

⇒「活動情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会