労働者保護ルール改悪阻止に向け 国会で大行動を実施!

 連合は、今国会に提出されている労働者派遣法と労働基準法の改悪を阻止するため、8月23日に「みんなで安倍政権にNO! 国民の声、怒りの八・二三大行動」を行いました。

 交通労連も含め、全国から集結した連合構成組織および国会議員、学者、学生など約14,000人もの仲間が国会議事堂を取り囲み、プラカードを手に「みんなで安倍政権にNO!」と声を上げました。

 大行動は第1部として「怒りの行動開始宣言」、第2部として「労働者保護ルール改悪にNO!」第3部として「安保法案にNO!」の3部構成で行われました。

 第1部の冒頭、連合の古賀伸明会長が労働者保護ルールの改悪法案について、「労働の尊厳が大きく傷つけられようとしている」と指摘した後、安保関連法案について「安倍政権は、立憲主義を軽視し、歯止めのない法案を推し進めようとしている。与党の数の力は強大だ。9月14日以降は60日ルールを使って衆議院で採決できることになる。絶対にそんなことを許してはいけない。渾身の力を込めてNO!を突きつけよう」と呼びかけ、最後に「みんなで安倍政権にNO!」と声を上げました。

 交通労連も山口中央執行委員長をはじめ、本部および関東地方総支部の代表らが駆け付け、改悪法案の成立阻止に向け、声を上げました。

⇒「活動情報」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会