【国交省関係】 「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する社会実験の参加者公募について

 国土交通省では、ITを活用した賢い物流管理の推進の一環として、「ETC2.0車両運行管理支援サービス」の社会実験を実施します。

 ETC2.0のビッグデータを活用したサービスの導入により、深刻なドライバー不足が進行するトラック輸送について、
 ・リアルタイムな位置情報で正確な到着時間の予測が可能となり荷待ち時間を短縮
 ・トラック運転の危険箇所をピンポイントで特定し、ドライバーの安全を確保
――等の効果が期待されます。

 なお、バスやレンタカー等も併せて実験参加者を公募しています。

 今回、社会実験の実験参加者を募集しました。
 公募要領等の詳細についてはこちら(国土技術政策総合研究所)をご確認ください。

⇒「関連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会