自動車運転代行業における新たな利用者保護対策の実施について

 国土交通省では、自動車運転代行業における利用者保護の一層の確保を図るため、2016年4月から新たな利用者保護対策を実施することとしました。

<自動車運転代行業における新たな利用者保護対策>
1.料金制度に関するガイドラインの策定
2.運転代行用料金メーターのJIS規格化に向けた関係機関への働きかけ
3.随伴用自動車に係る損害賠償措置(任意保険の加入)の義務化
4.損害賠償責任共済契約失効者に対する行政処分の実施
5.随伴用自動車の適正な表示の徹底
  (自動車運転代行業を営んでいる旨表示する文字の大きさや明瞭化等を規定)
6.報告徴収及び立入検査の強化
7.代行運転役務の提供の事前説明書面(料金、損害賠償措置等)の標準化
8.運転代行ドライバー用指導・教育マニュアルの作成9.業界団体の自主的な街頭パトロール等への支援及び国土交通省への法令違反業者等の通報体制構築等の支援
9.業界団体の自主的な街頭パトロール等への支援及び国土交通省への法令違反業者等の通報体制構築等の支援

詳しくは国土交通省「自動車運転代行業における新たな利用者保護対策の実施について」をご確認ください。

⇒「関連ニュース」へ戻る

STOP!過労死

交通の安全と労働を考える市民会議
↓「ライドシェア」問題を考える↓

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会