貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針の一部を改正する告示について

 国土交通省では、準中型免許の創設に伴い、トラックの初任運転者等について安全運転の実技を義務化する等、運転者教育の強化を図るため、「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」の一部を改正しました。

 改正内容は、初任運転者への実際にトラックを運転させながら安全運転方法の指導を20時間以上行うなど、貨物自動車運送事業者による運転者への指導及び監督について、実施時間及び実施内容の拡充を図っています。

 詳しくは国土交通省の「貨物自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針の一部を改正する告示について」をご確認ください。

⇒「活動情報」へ戻る

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
ろうきん-全国労働金庫協会