被災状況について(2016.4.19)

 山口中央執行委員長を本部長として、熊本地震対策本部を設置しました。

 被災状況の把握に全力を挙げるとともに、必要な支援等を随時行っていきます。

 現在把握できております組合員の被災状況は下記の通りとなっております。

○全九州産交運輸労組
1名の組合員と連絡取れず(携帯電話等を持っておらず連絡が取れない可能性有)。家が被災を受け、避難しているとの情報があった。

○岡山県貨物運送労組
益城町にある社宅が古いため避難している。営業所も一時的に閉鎖している。

○日本梱包運輸倉庫労組
1名の組合員の自宅が半壊。

○全九州産業交通労組・熊本都市バス労組
人命被害は現状無しも家屋の被害は多数。会社の建屋にもヒビ等の損壊がある。

○交通労連九州地方総支部
事務所の入っている建屋にヒビ等があり、危険なため一時的に別場所に避難。

※ 今後も被災状況等が分かりましたら、交通労連・中原宛(info-jft@drive.ocn.ne.jp)にご連絡ください。

⇒「活動情報」へ戻る

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
ろうきん-全国労働金庫協会