2018年度の政策要求を申し入れました

 交通労連は10月12、13日の両日、厚生労働省、国土交通省、警察庁を相次いで訪ね、2018年度の交通運輸政策要求を申し入れました。

 全国政策討論集会での議論を経て確認した政策要求を提言するとともに、喫緊の課題について意見交換しました。

 労連からは小川政策委員長はじめ、縄野書記長、手水政策部長、各部会事務局長が出席、各省庁の各課担当者に対応いただきました。

 申し入れた2018年度の政策要求はこちらから(組合員限定ページ)

 

 

交通の安全と労働を考える市民会議
↓「ライドシェア」問題を考える↓

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
ろうきん-全国労働金庫協会