2018春闘標語の最優秀賞・ユニーク賞を決定!

 1月16日に開いた第3回拡大中央執行委員会で「2018年度春季生活闘争標語」の選考を厳正に行いました。50組合1,256人からいただいた1,751点の応募作品の中から、下記のとおり、最優秀賞とユニーク賞を選出し、同日午後からの第1回中央委員会で表彰しました。

<最優秀賞>

明るい職場とみんなの笑顔 一致団結 未来のために

 (軌道・バス部会/北海道中央バス労組 加藤 達也)

<ユニーク賞>

ボーナスを もっとたくさん 出しま賞与

     (軌道・バス部会/新潟交通労組 横川 敦)


 
次の作品は、翌17日の各部会第2回中央委員会で表彰しました。

<優秀賞>

今こそ実行 働き方改革で明るい未来を築こう!!
                  (トラック部会/西濃運輸労組 大内 芳博)

不況でも あってはならぬ無関心 皆でスクラム春闘勝利
           (ハイヤー・タクシー部会/札幌昭和交通労組 菊池 孝博)

笑顔で暮らす明日のために 労使で創る明るい未来!!
              (自動車学校・一般業種部会/日作労組 長澤 栄治)

<ユニーク賞候補>

私のダイジョブ!上司からのグッドジョブ! だけど働きすぎるのバッドジョブ!
                   (トラック部会/第一貨物労組 森 貴也)

ゼロ回答は乗車拒否 満額回答に配車希望
               (ハイヤー・タクシー部会/三八五労組 鈴木 直)

増やすなら ストレスじゃなく 給料を
        (自動車学校・一般業種部会/瀬戸自動車学校新労組 今井 雅彦)


 ⇒「最新活動情報」に戻る

STOP!過労死

交通の安全と労働を考える市民会議
↓「ライドシェア」問題を考える↓

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会