新設された「働きやすい職場認証制度」で2,548社が認証されました

 自動車運送事業(トラック・バス・タクシー事業)の運転者不足に対応するための総合的取り組みの一環として、国土交通省が「働きやすい職場認証制度」(正式名称:運転者職場環境良好度認証制度)を創設しました。

 職場環境改善に向けた各事業者の取組みを「見える化」することで、求職者のイメージ刷新を図り、運転者への就職を促します。

 併せて、更なる改善の取り組みを促すことで、より働きやすい労働環境の実現や安定的な人材の確保につながることが期待されます。

 初回となる2020年度の審査では、2,548社(トラック1,718社、バス172社、タクシー658社)が合格しました。事業者による所定の手続き完了後、順次、認証事業者として登録され、下記のウェブサイトで公開されます。

 https://www.untenshashokuba.jp/

 国土交通省 報道発表 

  ⇒「関連ニュース」に戻る

秋の全国交通安全運動交通労連は協賛団体として、秋の全国交通安全運動を推進しています

修学旅行等で貸切バスを安心してご利用ください―日本バス協会
タクシーを安心してご利用いただくために
交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
7才の交通安全プロジェクト―こくみん共済coop
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
気づこう、無意識の思い込みや偏見―連合
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会