民主党・日本バス議連が発足しました

 交通労連軌道バス部会で兼ねてから要望していました「バス議連」が、3月23日に「民主党・日本バス議員連盟」として正式に発足しました。

(トラック、タクシーは既に議連は発足)

 

賛同した民主党の議員は、衆参合わせて88名(衆議院61名、参議院27名)になり、会長には田中直紀議員、会長代行に松野頼久議員、事務局長には米長晴信議員が就任しました。
交通労連の交通運輸政策研究会(通称:議員懇談会)からも三日月大造議員を含め多くの議員が賛同しました。

 

今後、高速ツアーバス問題、行き過ぎた規制緩和の是正など現在取り組んでいる政策課題の実現に向けて、一層の取り組みを期待しており、交通労連としても働きかけを行っていきます。

 

詳しくは「軌道バス部会ブログ」をご覧ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会