組合づくりは 良い職場づくりの第一歩です!

労働組合をつくり
よい労使関係を築きたい!

労働問題の相談に乗って欲しい!
組合の運営に協力して欲しい!

同業種の情報が欲しい!
産業の現況など教えて欲しい!


組合・仲間づくりガイドブックを無料配布
組合・仲間づくりガイドブックを無料配布

 

交通労連では、「労働問題で困っている」「職場を良くしたい」
「労働条件を改善したい」という方々に対して、
相談および組合づくりの支援を行っています。


お気軽に からご連絡ください。

お知らせ

積立年金共済「シグナル」の秋募集を開始しています。

 申込受付期間:10月21日(月)~  11月29日(金)※申込締切日
 加入日:2020年4日1日
 
詳細はこちらから

新着情報

組合員限定ページを更新しました(10/23更新)

働き方改革に関する資料を更新(組合員限定ページ)しました(9/27更新)

第57回定期大会の資料を掲載(組合員限定ページ)しました(9/10更新)

春季生活闘争のページを更新しました(9/9更新)


関連ニュース

2019.11.15 №192
自動運転 20年実現へ夏に方針隊列走行 専用スペース確保が課題自動運転に対応した道路空間に関する国土交通省の検討会は、政府の2020年目標に向けた課題や方針についての中間報告を近く行う。高速道路の隊列走行は、一般車両との錯綜を回避する専用空間や、隊列形成・分離スペースを備えた物流拠点を整備するための検討を進め、来年夏頃に一定の方針を示すことにしている。政府目標は、一般道路の限定地域での無人運転移動サービ
>> 続きを読む

2019.10.31 №191
トラック運転手の6割が「給与が低い」5人に1人が睡眠不足の事故リスク総合人事・人材サービスを展開するアデコは16日、トラック運転手の働き方に関する調査結果を公表した。5人に1人が睡眠不足や疲労が原因で事故を起こした、もしくは起こしそうになったことがあり、約6割の平均睡眠時間は6時間未満だった。また、最も多く挙げられた悩みは「給与が低い」ことだった。同調査は2019年9月26日~30日にかけて、イン
>> 続きを読む

2019.10.31 №190
デジタル化や新制度の創設を議論国土交通省社会資本整備審議会道路分科会基本政策部会は29日、第2回物流小委員会を開いた。特車通行許可制度の改善に向けて、デジタル化や手続きの簡素化・一元化のほか、新制度を創設するなど今後の方向性について議論した。特車通行許可は、ドライバー不足に伴う車両大型化の進展により、平成26年度から30年度にかけて許可件数が約1.6倍に増加。国道等の電子データ化や自動審査システムの
>> 続きを読む

NO.1583 ()
自動運転バス、路面電車の軌道を走る/広島で実証実験 広島大や国土交通省などは17日、自動運転で走るバスを広島市内の路面電車の軌道内で走らせる実証実験をした。道路交通法では車や路線バスは原則軌道内を走れないが、実用化されればバスが渋滞を避けて走ることができ、路面電車と同じ停留所の活用も可能になる。自動運転の導入で運転手不足にも対応できる。 路面電車営業終了後のこの日未明、市道225メートルの区間で実
>> 続きを読む

NO.1582 ()
橋の復旧に想定以上の時間がかかり全線復旧ずれ込む/南阿蘇鉄道 第3セクター・南阿蘇鉄道(熊本県高森町)によると、同鉄道は2016年の熊本地震で被災し一部区間で運休が続いているが、全線復旧が当初目標の22年度中から23年夏頃にずれ込むことが分かった。 同鉄道(高森-立野間17.7km)は、熊本地震で線路の流失やトンネルのひび割れが相次ぎ、中松-立野間(10.6km)で運転を見合わせている。復旧工事は
>> 続きを読む

NO.1581 ()
自動運転バス導入 焼津で可能性調査 経産、国交省 経済産業、国土交通両省は2019年度、焼津市内で自動運転の乗り合いバス導入に向けた実現可能性調査を行う方針を固めた。しずてつジャストライン(静岡市葵区)が焼津市内の路線で運行するバスの一部を自動運転車両に置き換えた場合の採算性などを検証する。これまでに大津市、福岡市などで実施していて、焼津市での調査は全国4例目。 地域の公共交通サービスを向上させる
>> 続きを読む

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会