組合づくりは 良い職場づくりの第一歩です!

労働組合をつくり
よい労使関係を築きたい!

労働問題の相談に乗って欲しい!
組合の運営に協力して欲しい!

同業種の情報が欲しい!
産業の現況など教えて欲しい!


組合・仲間づくりガイドブックを無料配布
組合・仲間づくりガイドブックを無料配布

 

交通労連では、「労働問題で困っている」「職場を良くしたい」
「労働条件を改善したい」という方々に対して、
相談および組合づくりの支援を行っています。


お気軽に からご連絡ください。

お知らせ

積立年金共済「シグナル」の春募集を開始しました。

 申込受付期間:5月21日(月)~  6月29日(金)※申込締切日
 加入日:2018年10日1日
 
詳細はこちらから

 

働き方改革に関する資料を 組合員限定ページに掲載しました(6/1更新)

新着情報

2018春季生活闘争 闘争状況の集計結果を掲載しました(6/10更新)

関連ニュース

2018.06.19№160
高速道路のワイヤーロープ設置本格化国土交通省は15日、高規格幹線道路の正面衝突事故防止に向けて、暫定二車線区間におけるワイヤーロープの設置を本格化することを発表した。ワイヤーロープは、▽高い衝撃緩和性能、▽狭い幅での設置が可能、▽人力で容易に開口部を設置できる、-などの特徴があり、高速道路の正面衝突事故防止の効果が認められている。設置予定箇所は、暫定二車線区間のうち、四車線化や付加車線の実施箇所を除
>> 続きを読む

2018.06.05№159
トラック自主行動計画フォローアップ全ト協は、昨年3月に策定した「トラック運送業における適正取引推進、生産性向上及び長時間労働時間抑制に向けた自主行動計画」のフォローアップ調査を実施した。対象は、自主行動計画の取組事業者20者で、コスト負担の適正化、運賃・料金決定方法の適正化、契約書面化推進、支払い条件の適正化等に関する取組について、実施状況や課題を調査した。コスト負担の適正化では、発注者の立場から
>> 続きを読む

2018.05.31№158
新たに広域道路交通計画策定へ20年ぶり見直し、重要物流道路制度など社会資本整備審議会道路分科会基本政策部会は28日、第16回物流小委員会を開いた。20年ぶりに広域道路整備基本計画を見直し、新たに広域道路交通計画を策定することを報告。今年3月に創設した重要物流道路制度については、国際海上コンテナ車(40ft背高コンテナ車)が指定区間を特車許可申請なしで走行できるよう道路の構造基準の水準を引き上げるとした。新
>> 続きを読む

NO.1426 ()
17年度決算は利用増でも2年連続の赤字/IGRいわて銀河鉄道 IGRいわて銀河鉄道の2017年度の決算は、2年連続で赤字になった。利用客は1日あたり1万4342人と前年よりも増加したものの、盛岡近郊の比較的近距離の利用が多く、営業収入の増加につながらなかった。 17年度は、前年に引き続き寝台特急定期運行廃止に伴う旅客運輸収入の減少をカバーしきれず、当期損益は約1700万円のマイナスになった。2年連
>> 続きを読む

NO.1425 ()
市街地移動の円滑化のために路面電車ネットワークを検討/岡山市 岡山市は、中心市街地での移動の一層の円滑化を目指し、2018年度から路面電車の充実(ネットワーク化)に向けた延伸や環状化など、将来のあり方について検討を開始した。このほど関連業務の実績を持つ土木関係建設コンサルタントを対象に、ネットワーク検討業務委託の一般競争入札(事後審査)を公告している。 業務内容は、中心市街地およびその周辺の地域概
>> 続きを読む

NO.1424 地域公共交通の持続可能且つ健全な発展及び利用者を守るための請願 ()
 交通労連は6月12日、国土交通大臣に対し「地域公共交通の持続可能且つ健全な発展及び利用者を守るための請願」要請行動を行った。 この問題は、都市部を中心に広範囲に地域全体を網羅しトータルバランスで収支を維持している既存事業者のエリア、いわゆる「ドル箱」路線に運賃は既存事業者よりも低価格で参入し、認可が下りたことだ。 この路線は、繁忙時では5分間隔、日中時間帯でも10分間隔での運行と地方路線の中でも十分
>> 続きを読む

交通の安全と労働を考える市民会議
↓「ライドシェア」問題を考える↓

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
ろうきん-全国労働金庫協会