組合づくりは 良い職場づくりの第一歩です!

労働組合をつくり
よい労使関係を築きたい!

労働問題の相談に乗って欲しい!
組合の運営に協力して欲しい!

同業種の情報が欲しい!
産業の現況など教えて欲しい!


組合・仲間づくりガイドブックを無料配布
組合・仲間づくりガイドブックを無料配布

 

交通労連では、「労働問題で困っている」「職場を良くしたい」
「労働条件を改善したい」という方々に対して、
相談および組合づくりの支援を行っています。


お気軽に からご連絡ください。

お知らせ

1/16-17の各中央委員会で協議・決定しました2018年度の春季生活闘争方針および付属資料を
組合員限定ページに掲載しました。各組合での方針策定にご活用ください。
 
春闘標語の募集に対し多数のご応募ありがとうございました(1,256人から1,751作品)。
各受賞作品はこちらから。
なお、参加記念品は、各組合を通じて2月上旬までにはお届けできる見込みです。

新着情報

関連ニュース

2017.12.25 №148
国交省30年度予算は5兆8047億円平成30年度予算案が22日、閣議決定された。国土交通省一般会計予算額は、前年とほぼ同額の5兆8047億円で、①被災地の復旧・復興、②国民の安全・安心、③生産性の向上と新需要の創出による成長力の強化、④豊かで活力のある地域づくり―を柱に据えた。30年度は「成長と分配の好循環」の拡大に向け、ストック効果を重視した社会資本整備や、公共事業の効率的・効果的な実施等を推進。物流
>> 続きを読む

2017.12.22 №147
改正運送約款変更届は約3割国土交通省は20日、トラック運送業の適正運賃・料金検討会の第5回会議を開いた。標準貨物自動車運送約款改正後の状況報告があったほか、今後の適正運賃・料金収受に係る方策について議論した。約款改正に伴う運賃・料金の変更届出件数は12月15日現在、事業者数5万7008者のうち、1万7397件(30.5%)。7月に義務付けられた荷待ち時間等の記録に基づく荷待ち時間サンプル調査では、
>> 続きを読む

2017.12.21 №146
海コンの特車許可不要に国交省「災害・物流道路網」を整備へ国土交通省は、近年、世界的に増加している国際海上コンテナ(40フィート背高)について、特殊車両通行許可を不要とし、生産性向上、国際競争力強化に資する道路ネットワークを構築する。大型車を誘導する「災害・物流ネットワーク」を計画的に整備し、その新設・改築に適用する道路構造の基準について、国際海上コンテナ車が特車許可なく通行可能となる水準まで引き上
>> 続きを読む

NO.1315 ()
石北線・釧網線の一部区間で「スマホ定期」を導入へ/JR北海道 JR北海道は、無人駅のある石北線と釧網線の一部区間で、定期券をスマートフォン経由で購入でき、画面を提示して乗車も可能とする「スマホ定期券」のサービスを4月から開始する。画面提示型の同様の鉄道向けサービスは、全国的にも珍しいという。 新サービスの導入区間は石北線の西留辺蘂-網走と釧網線の緑-網走の各区間で、通勤と通学の定期券が対象になる。
>> 続きを読む

NO.1314 ()
信越線・北高崎-群馬八幡駅間に新駅設置のための調査へ/高崎市 高崎市は、JR東日本・信越線の北高崎-群馬八幡駅間で新駅設置を目指し、2018年度に調査に乗り出すことにし、関連費用を新年度予算案に盛り込む。市民から設置要望が寄せられてい高齢化社会で公共交通の重要性が増す中、交通利便性を高めて地域活性化につなげる考え。 市が設置場所として想定しているのは両駅間の豊岡地区で、八幡第二工業団地や市営住宅に
>> 続きを読む

NO.1313 ()
路線バスが対向車と衝突、親子3人重軽傷 岐阜・多治見/東濃鉄道 4日午後3時20分ごろ、岐阜県多治見市東町1丁目の県道で、東濃鉄道(本社・同市)の路線バスが、対向してきた乗用車と衝突した。乗用車に乗っていた同県土岐市の親子3人が重軽傷を負った。バスは運行中だったが乗客はおらず、男性運転手(64)にもけがはなかった。 県警によると、乗用車の助手席の女性(44)が胸を打ち重傷、運転していた会社員の夫(
>> 続きを読む

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」