組合づくりは 良い職場づくりの第一歩です!

労働組合をつくり
よい労使関係を築きたい!

労働問題の相談に乗って欲しい
同業種の情報が欲しい!

交通労連は労働者の幸せのために、会社の事業に貢献します


 

交通労連では、「労働問題で困っている」「職場を良くしたい」
「労働条件を改善したい」という方々に対して、
相談および組合づくりの支援を行っています。


お気軽に からご連絡ください。

お知らせ

能登半島地震により被害を受けられた皆さまへ

 このたびの地震により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

 ・こくみん共済 coop からのお知らせ――被災受付<建物・お車・お体(入院特例ほか)>

 ・全国労働金庫協会からのお知らせ――災害救援ローン<無担保> PDFファイル

 ・厚生労働省の対応雇用調整助成金の特例措置雇用保険・中退共・財形制度の特例措置ほか


新着情報

組合員限定ページを更新しました(3/1更新)

春季生活闘争に関する情報(各部会要求基準案)を掲載しました(24/1/5掲載)

ライドシェア問題について情報を更新しました(11/21更新)

改善基準告示の見直しに関するページを更新しました(組合員限定23/3/31更新)

燃油価格高騰対策の取り組みについて情報を更新しました(22/4/24更新)

働き方改革に関する資料を更新しました(組合員限定20/2/25更新)


関連ニュース

2024.03.04 №328  「標準的な運賃」について運輸審議会が答申
「標準的な運賃」は合理性があると評価運輸審議会は2月29日、一般貨物自動車運送事業に係る標準的な運賃の告示事案について、斉藤鉄夫国土交通大臣に対して適当であると答申した。告示案は、貸切運賃について車種別、地方ブロック別の運賃表と、複数荷主からの貨物を混載する場合を念頭に個建運賃を設定。このほは、▽運送約款の条件や車両の特殊性等を踏まえた運賃割増率、▽待機時間料、▽積込料・取卸料、▽付帯業務料、利用運送
>> 続きを読む

2024.02.21 №327  国内貨物輸送量 3年連続減少
国内貨物輸送量は3年連続減少NX総研見通し、建設関連が大きく下押しNA総合研究所は16日、「2023・2024年度の経済と貨物輸送の見通し」を公表した。2024年度の国内貨物輸送量は前年比0.3%の41億1760万トンとなり、3年連続の減少と予測している。品類別では、っ消費関連貨物は上期に微減も、下期に持ち直しトータルでは0.7%増と3年ぶりのプラスに。生産関連貨物も鉱工業生産や設備投資がプラスに反転する中で、前年度を若干上
>> 続きを読む

2024.02.16 №326  標準的な運賃 公聴会
恒常的賃上げに効果~実勢運賃や賃金を把握へ~運輸審議会は、1月10日に国土交通省が諮問した一般貨物自動車運送事業の標準的な運賃の告示に関する公聴会を2月13日に開催。同省物流・自動車局の小熊弘明貨物流通事業課長が陳述するとともに、公募から選定された2人の公述人が意見を述べた。小熊課長は、前回の標準的な運賃の告示(2024年4月)以降、継続して荷主に要請を行ってきたこと、物価高騰などを踏まえた運賃表の見直し
>> 続きを読む

NO.1882 ()
旧国鉄羽幌線跡を行く「17系統 羽幌古丹別線」廃止へ、3月をもって/ 沿岸バス 北海道北部で路線バスなどを運行する沿岸バスは、2024年3月31日(日)をもって「17系統」羽幌古丹別線を廃止します。この路線はかつての国鉄羽幌線に沿っており、1987(昭和62)年3月に鉄道が廃止されて以来、代替交通の役割を担ってきました。運行を終えるのは羽幌~苫前下町~上平~古丹別間。需要が著しく減退しているためだそうです。ただ、多く
>> 続きを読む

NO.1881 ()
来月末ダイヤ改正、路線バス計328本減便/新潟交通  新潟交通は、JR新潟駅のバスターミナル開業に合わせてダイヤを改正し、路線バスを減便すると発表しました。路線バスの減便数は平日が134本、土曜日と日曜日・祝日がそれぞれ97本で、全体の約5パーセントにあたります。ことし4月から長時間労働の規制が強化され、運転士不足に拍車がかかると見込まれることなどを減便の理由にあげています。ダイヤの改正は新潟駅の
>> 続きを読む

NO.1880 ()
バス無料デー設定、地域の足考える契機に/沖縄県 県の2024年度当初予算案に、路線バスの利用機会を創出するための「わった〜バス利用促進乗車体験事業」が盛り込まれた。無料で路線バスに乗車できる日をつくり、普段バスを利用していない人に乗ってもらい、マイカー移動からの乗り換えを狙う。24年度上半期に約1カ月、週ごとに平日と休日の各1日、合計8〜9日間を無料デーに設定する。離島を含む全県の路線バスが対象で
>> 続きを読む