組合づくりは 良い職場づくりの第一歩です!

労働組合をつくり
よい労使関係を築きたい!

労働問題の相談に乗って欲しい!
組合の運営に協力して欲しい!

同業種の情報が欲しい!
産業の現況など教えて欲しい!


組合・仲間づくりガイドブックを無料配布
組合・仲間づくりガイドブックを無料配布

 

交通労連では、「労働問題で困っている」「職場を良くしたい」
「労働条件を改善したい」という方々に対して、
相談および組合づくりの支援を行っています。


お気軽に からご連絡ください。

お知らせ

積立年金共済「シグナル」の秋募集を開始します。

 申込受付期間:10月22日(水)~  11月30日(金)※申込締切日
 加入日:2019年4日1日
 
詳細はこちらから

新着情報

組合員限定ページに「活動ダイジェスト」のコーナーを新設しました。第一弾は2018女性集会です(11/15更新)

全体資料集(組合員限定ページ)に2019年度交通運輸政策要求を掲載しました(10/23更新)

働き方改革に関する資料(省令・指針)を 組合員限定ページに掲載しました(9/20更新)

関連ニュース

2018.11.16№167
大雪時の情報発信を早期化広域迂回などの事業者へ多重的に伝達国土交通省はこのほど、大雪時における今冬の道路交通確保方針を定めた。集中的な大雪に備え、国道事務所・地方公共団体・高速道路会社など道路管理者は、その他の道路管理者・関係機関と連携し、地域特性や降雪予測を考慮しながらタイムラインに基づく対応策を実施する。具体的には、これまで48時間前からの対応開始を72時間前からに前倒しするとともに、気象情報の共
>> 続きを読む

2018.11.13№166
過積載違反の合同取り締まりを実施国土交通省、警察、高速道路会社は9日、過積載車両の首都圏大規模同時合同取り締まりを実施した。料金所や車両取り締まり基地など計18カ所で、午前10時~11時30分に実施。計測台数89台に対し、道路法違反台数は30台だった。うち、18台に指導警告、12台に措置命令、このほか道路運送車両法違反(不正改造)の2台に整備命令を行った。車両総重量の制限値25㌧に対し、37.8㌧
>> 続きを読む

2018.10.05№165
(公社)全日本トラック協会と共同で国民民主党に要請を実施トラック部会は、(公社)全日本トラック協会が進めている「貨物自動車運送事業法の一部改正(案)」について、野党側の理解を得るために国民民主党に対して、10月4日(木)に共同要請を行った。交通労連からは、山口中央執行委員長、手水政策部長、貫部会事務局長が出席、全日本トラック協会からは、坂本会長、桝野理事長、松崎常務理事、山崎常務理事が出席した。国民民主党か
>> 続きを読む

NO.1475 ()
JR山田線一部移管へ向けて協力金で製造の新車両到着/三陸鉄道 三陸鉄道(宮古市)はこのほど、2019年3月23日のJR山田線・宮古-釜石間(55.4km)移管後に導入する新車両4両を北リアス線車両基地(久慈市)に搬入した。同基地で最終調整して19年2月頃から同区間で試験運転する予定。 新車両は、JR東日本の移管協力金14億円を受け、新潟県の工場で8両製造していたが、先行して完成した4両が機関車に牽
>> 続きを読む

NO.1474 ()
自慢の味で連携へ共通クーポン配布/いわて銀河、秋田内陸縦貫鉄道 第三セクターの秋田内陸縦貫鉄道(北秋田市)とIGRいわて銀河鉄道(盛岡市)は、食をキーワードに連携して誘客を図る取り組みを始める。両社の直営レストランを軸にした旅行商品の開発や共催イベントに力を入れ、地元が誇る食文化の魅力を発信し、岩手と秋田の交流人口拡大にもつなげたい考え。 秋田内陸縦貫鉄道は阿仁合駅(北秋田市)で里山レストラン&カ
>> 続きを読む

NO.1473 「事業者の実態調査~稼働率低下の要因分析など」 ()
貸切バス運賃・料金制度WGフォローアップ会合(第六回)が十一月二日に開かれ、貸切バス事業の実態調査及び貸切バス事業の実態調査表のあり方―について協議を行った。 前回(六月)の会合では旅行業者との運送引受に関する実態を踏まえ、貸切バスの運賃・料金制度における幅運賃が単なる値引き幅として運用されている懸念もあり旅行業者・貸切バス事業者双方が制度の趣旨を十分に理解することが重要であるため、運送引受書に幅
>> 続きを読む

STOP!過労死

交通の安全と労働を考える市民会議
↓「ライドシェア」問題を考える↓

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会