【国交省】平成23年度末 自動車交通関係移動等円滑化実績等について

 国土交通省では、乗合バス、バスターミナル及び福祉タクシーの移動等円滑化実績等(バリアフリー)について、調査を実施し好評しました。
 平成23年度末の主な実績は、ノンステップバス車両数が対前年度7%増加の17,661台、バスターミナルの段差が解消されている施設数の割合が対前年度比1.9%増加の80.4%、福祉タクシー車両数が対前年度7%増加の13,099台となっています。

 詳しくは国土交通省「平成23年度末 自動車交通関係移動等円滑化実績等について」をご確認ください。

 

⇒「交通労連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会