【国交省関係】 トラック運送業における「適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)強化月間」を11月に設定!!

 国土交通省では、「燃料価格転嫁促進」及び「適正取引の推進」のため、11月を「適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)強化月間」と設定し、荷主等とトラック事業者の適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)について取り組んでいくこととしました。
 また、具体的な取り組みとして各地方運輸局、運輸支局では、適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)について説明会を開催します。

<主な取り組み>
1. 各地方運輸局・運輸支局において定期的に適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)の説明会を開催
2.各地方運輸局・運輸支局職員が出張説明会を実施
3.交渉の場において、各地方運輸局・運輸支局職員が、適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)について説明

  • トラック事業者と荷主の交渉の場
  • トラック協会が設定するトラック事業者と荷主の交渉の場

4.トラック協会において、原価計算など、価格転嫁交渉に必要な知識について周知
5. 適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)強化月間の設定、相談窓口の再周知

 詳しい内容は国土交通省「トラック運送業における『適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁』強化月間」を11月に設定!!」を確認ください。

⇒「関連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会