タクシー運転者登録制度を全国に拡大します

 2015年10月1日より、改正タクシー業務適正化特別措置法が施行され、現在、主な政令指定都市(13地域)で実施しています「タクシー運転者登録制度」が全国の全ての地域に拡大されます。

 これにより、全国において運輸局長が認定する講習(法令、安全、接遇及び地理)を受講・修了し、タクシー運転者登録を受けないと、法人タクシーに乗務することができなくなります。  

 なお、タクシー運転者登録の事務は、国の登録を受けた全国の登録実施機関で実施されます。(指定地域:札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、北九州、福岡)

 詳しい内容については国土交通省「タクシー運転者登録制度を全国に拡大します」をご確認ください。

 ⇒「関連ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会