軽井沢スキーバス事故を受けた緊急対策について

 国土交通省は、1月15日に発生しました長野県軽井沢の貸切バス事故に伴い、バス輸送の安全確保の徹底を図り、安全・安心の回復を図るため、下記について緊急対策を講じることとし、下記の内容をバス事業者に対して要請しました。

 詳しい内容は国土交通省「軽井沢スキーバス事故を受けた緊急対策について」を確認ください。

 交通労連軌道バス部会もこれまでも国土交通省の「バスのあり方検討会」で委員として、安全対策や新規参入規制、監査体制の強化を求めてきましたが、一部の悪質事業者(旅行業者含む)の安全軽視・採算重視の経営姿勢などの様々な理由で実現には至らなかった経緯があります。

 今回の事故を教訓として、改めて安全を脅かす要因の改善と対策を強く求めていきます。

⇒「関連ニュース」に戻る

 

交通の安全と労働を考える市民会議
↓「ライドシェア」問題を考える↓

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
ろうきん-全国労働金庫協会