「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する社会実験の開始について

 国土交通省では、ETC2.0のビッグデータを活用した「ETC2.0車両運行管理支援サービス」の社会実験を民間企業12組17社と行います。

 ETC2.0の導入により、深刻なドライバー不足が進行するトラック輸送について、下記の効果を期待しています。

  • リアルタイムな位置情報で正確な到着時間の予測が可能となり荷待ち時間を短縮
  • トラック運転の危険箇所をピンポイントで特定し、ドライバーの安全を確保

 詳しい内容については国土交通省「『ETC2.0車両運行管理支援サービス』に関する社会実験の開始について」をご確認ください。

⇒「関連ニュース」へ戻る

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」