春季生活闘争の当面の方針(その1)を確認

 交通労連では、2016年3月2日の中央執行委員会終了後に第2回中央闘争委員会を開き、2016春季生活闘争の状況を確認するとともに、当面の闘争方針(その1)を決定した。

 当面の闘争方針(その1)では、2016春季生活闘争がスタートしたことを受け、すべての加盟組合が年収の引き上げにつながる要求を行い、生産的で建設的協議・交渉を展開すること。また、深刻な労働力不足の解消し、優秀な人材を確保するためにも「賃上げによる働き甲斐の維持・向上」と「企業の成長」の同時達成をめざすとした。

 詳しい内容は2016春季生活闘争ページの「闘争の進捗・回答速報・当面の闘争方針」(閲覧パスワードの入力が必要)をご確認ください。

⇒「活動情報」へ戻る

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
ろうきん-全国労働金庫協会