自動車整備人材の確保・育成に関する検討会報告書の公表について

 国土交通省では、「自動車整備人材の確保・育成に関する検討会」において、自動車整備業は安定性や社会的貢献度などの魅力・重要性のある業種である一方で、給与や労働時間等の労働環境・待遇において、他業種と比較して不満度が高い等の実態が課題としてあらためて確認されました。

 これらの課題に対して、様々な能力の評価に対応したインセンティブ付与や残業削減及び育児等との両立のための柔軟なシフト設定などの先進事例をとりまとめ、今後、これらを業界全体で共有し、事業形態・規模等に応じた対策を関係者が連携して検討・推進を図ることとする報告書がまとめられました。

 詳しい内容は国土交通省「自動車整備人材の確保・育成に関する検討会報告書の公表について」をご確認ください。

⇒「関連ニュース」へ戻る

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」