被災状況について(2016.5.2)

 九州地方総支部から5月2日時点で下記の被災状況の報告がありました。

○ 全九州産交運輸労組
 人的被害は無し
 家屋被害は全壊2戸、半壊4戸、一部損壊43戸

○ 全九州産業交通労組
 人的被害は死亡2名(組合員の親族)、負傷6名(組合員本人)
 家屋被害は全壊14戸、半壊37戸、一部損壊311戸

○ 熊本都市バス労組
 人的被害は無し
 家屋被害は全壊5戸、半壊11戸、一部損壊94戸

○ 久留米運送労組
 人的被害は無し
 家屋被害は半壊2戸、一部損壊6戸

 ※ その他に家屋の損壊や余震による心身的に安全確保のため多数の組合員および家族が避難所等に避難をしています。

※ 今後も被災状況等が分かりましたら、交通労連・中原宛(info-jft@drive.ocn.ne.jp)にお送りください。

⇒「活動情報」へ戻る

秋の全国交通安全運動交通労連は協賛団体として、秋の全国交通安全運動を推進しています

修学旅行等で貸切バスを安心してご利用ください―日本バス協会
タクシーを安心してご利用いただくために
交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
7才の交通安全プロジェクト―こくみん共済coop
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
気づこう、無意識の思い込みや偏見―連合
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会