ダブル連結トラック実験の開始について

 国土交通省では、トラック輸送の省人化を促進し、生産性向上を図るため、1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能な「ダブル連結トラック」の導入を目指し、10月19日より実験参加者を公募し、下記のとおり、実験を行うことを決定しました

<実験内容>
➀ ダブル連結トラック実験
 開始日時:平成28年11月22日(火)7時~(予定)
 実験参加車両:車両長21m(特車許可基準の緩和前の最大値)
 走行区間:➀埼玉県狭山市~愛知県豊田市(2台/日)
        ➁群馬県太田市~三重県鈴鹿市(4台/日)

➁ 高速道路のSA・PA を活用した中継輸送実験
 開始日 : 平成28年11月22(火)~
 実験箇所 : 新東名 清水PA

 なお、実験参加者は引き続き公募しており、順次実験車両が追加される予定です。
また、21m 超~25m の車両についても、現在、民間事業者で開発に向けた検討が進めています。

詳しい内容は国土交通省「ダブル連結トラック実験の開始について」をご確認ください。

⇒「ニュース」へ戻る

交通の安全と労働を考える市民会議
↓「ライドシェア」問題を考える↓

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
ろうきん-全国労働金庫協会