Gマークってご存知ですか?

 

「Gマーク」は、安全性評価をクリアした優良なトラックだけが表示できる「安全・安心・信頼の証」です。

 全国のGマーク事業所は合計で24,482事業所(すべてのトラック事業所の28.9%)となり、安全運行を励行するトラックが増えてきています。

Gマークの詳細はこちら(国土交通省HP)から

 交通労連もこれらの取り組みに賛同し、各方面で協力・推進しています。また、公正競争の促進は、働き方改革の実現にも重要と考えています。

貸切バス事業者安全性評価認定制度

 

 同様に貸切バスにも「セーフティバス」のマークがあります。

 詳細はこちら(日本バス協会HP)から

日本バス協会作成リーフレット
safety_bus_leaflet_2017.pdf
PDFファイル 3.0 MB

 ⇒「関連ニュース」に戻る

ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」