国民民主党に緊急要請しました

 交通労連は6月3日、新型コロナウイルス感染症対策のための緊急事態宣言が解除された状況を踏まえ、特に重要かつ緊急度の高い項目について国民民主党の玉木雄一郎代表に緊急要請しました。

 感染拡大防止措置により休業等を要請された業種や施設がある一方、交通運輸業は「社会生活を維持するための必要な業種」と位置付けられ、適切な感染予防策を取りながら日常生活に必要不可欠な人流・物流を滞らせることのないよう、感染のリスクと闘いながら使命感を持って日夜業務に当たっています。

 こうしたなか、現場で働く労働者の感染を防止するとともに、運行の安全・安心の確保、さらには雇用維持と事業の存続に向けた支援を要請しました。玉木代表からは、財政支出100兆円で国民の命と生活を守る党の政策とも合致するとして、実現に向けた取り組みを表明いただきました。

 なお、交通運輸政策研究会(労連議員懇)から、党幹事長でもある平野博文会長をはじめ各議員に同席いただきました。

 <共通事項>

1.社会保険料の減免について
2.感染拡大終息後の地方への観光客誘致施策について

 <トラック部会>

・高速道路料金の負担の軽減について

 <軌道・バス部会>

・新たな補助制度の創設について

 <ハイヤー・タクシー部会>

・貨物運送(宅配事業)の時限的な許可について

 <自動車学校・一般業種部会>

・高齢者講習対象者の更新期限の延長、申請不要の延長みなし制度について

国民民主党への要請(6月3日).pdf
PDFファイル 161.0 KB

 

国民民主党HPにも掲載いただきました。

 

(関連情報) 厚生労働省・国土交通省への政策要請
       議員懇へ新型コロナウイルス感染症対策で支援を要請

 
 ⇒「最新活動情報」に戻る

国民民主党「新型コロナ関連の支援制度」ワンストップ検索
交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会