2021春闘標語の最優秀賞・ユニーク賞を決定!

 1月14日に開いた第3回拡大中央執行委員会で「2021年度春季生活闘争標語」の選考を厳正に行いました。53組合1,363人からいただいた1,766点の応募作品の中から、下記のとおり、最優秀賞とユニーク賞を選出し、19日の第1回中央委員会で表彰しました。

<最優秀賞>

勝ち取ろう明るい未来と豊かな生活 皆の努力が時代を変える!
         (トラック部会/全トールエクスプレスジャパン労組 堀田 孝志)

<ユニーク賞>

底上げで 暮らしを守る ワーク賃(ワクチン)
                  (軌道・バス部会/新潟交通労組 木村 正和)


 

<優秀賞>

厳しい将来 目指す未来は 労使の絆
                  (軌道・バス部会/全九州産業交通労組 大原 桂一)

厳しい時代に 打ち勝つ春闘! 労使の知恵が未来を変える!
                 (ハイヤー・タクシー部会/三八五労組 中舘 ひかり)

明るい職場と明るい未来 心を一つに春闘勝利
          (自動車学校・一般業種部会/千葉交運九十九里自教支部 野川 忠志)


<ユニーク賞候補>

密は避け 蜜は欲しいよ 働きバチ (トラック部会/第一貨物労組 船井 敦)

オンライン できる職場は 恨めしい
           (ハイヤー・タクシー部会/近鉄タクシー労組 力津 康夫)

ベースアップに全集中 無回答には 時を戻そう
            (自動車学校・一般業種部会/三八五労組 相内 直)

 

 ⇒「春季生活闘争
 ⇒「最新活動情報」に戻る

修学旅行等で貸切バスを安心してご利用ください―日本バス協会
タクシーを安心してご利用いただくために
交通の安全と労働を考える市民会議
ブラッシュアップ講習(運転免許保有者を対象とする安全運転講習)
7才の交通安全プロジェクト―こくみん共済coop
警察庁:みんなで守る「飲酒運転を絶対にしない、させない」
気づこう、無意識の思い込みや偏見―連合
国民民主党
ろうきん-全国労働金庫協会